株式会社 吉田石油店

お問い合わせはこちら

文字サイズ
標準
拡大

突撃!ラブちゃん

広島県福山市 広島/国道2号 広島行
ルート2福山東サービスステーション

山陽自動車道福山市東ICより国道2号線方向にあるルート2福山東SS(サービスステーション)は24時間営業で、ガソリンセルフとフリート(軽油)フルサービスを併設しています。現在オープン5年目、モットーは「笑顔・元気・活気」。20代を中心としたスタッフ全員が爽やかな笑顔と気持ちのいいあいさつでお客様を迎え入れます。

ルート2福山東SSの近辺はガソリンスタンドやカーショップが多数並ぶ激戦区。そこで、給油だけではなく24時間対応の洗車やタイヤ販売などにも力を入れています。数年前から「タイヤ販売数年間1,000本」と掲げた目標も、2016年は達成しました。「積極的な声掛けやお客様との会話が給油以外での売り上げにつながっているのでは」と話すマネジャーの齋藤勝さん。ルート2福山東SSの利用者は県外出身者も多く、お客様から「おすすめのご飯屋さんはある?」「どこで髪を切ったらいいですか?」など質問されることもしばしば。何気ない会話でお客様との距離を縮め、給油の際に車をチェックしたりサービスをご案内したりしています。
また、高い専門技術を持つスタッフが多数在籍していることもルート2福山東SSの強みです。キーパーのコーティング技術一級資格取得者3名、二級資格取得者3名がいます。充実した設備と知識豊富なスタッフの存在でお客様も安心できます。さらに、トラックレーンでは女性スタッフも大活躍。彼女たちはオープン期から在籍しており、今ではこのSSを引っ張る存在のベテランスタッフです。トラックレーンを担当することで、長距離運転で疲れたドライバーの癒しになっているといいます。

「コミュニケーションを大切にしてほしい。あいさつ一つで人間関係は変わる」と齋藤マネジャー。若かりし頃の自分ができていなかったこと、やっていればよかったと思うことを「人生の先輩」として教えていきたいと言います。そして「みんな楽しく元気よく仕事ができたらOK!」と言う齋藤マネジャーの言葉どおり、スタッフの表情からは笑顔、楽しさ、活気があふれていて、この仕事、このSSが本当に好きなんだなということが伝わります。
ルート2福山東SSは高度な技術、そして一人一人に寄り添った接客が魅力のSSです。

  • 点検、チェックと抜群のチームワークです。

    点検、チェックと抜群のチームワークです。

  • 「オイル交換終わりました!」ラブちゃんが報告しています。

    「オイル交換終わりました!」ラブちゃんが報告しています。

  • 美人スタッフが迎え入れてくれます。

    美人スタッフが迎え入れてくれます。

  • 「すご~い!」大型トラックの給油を間近で見て興奮するラブちゃん。

    「すご~い!」大型トラックの給油を間近で見て興奮するラブちゃん。

  • 24時間洗車可能!「きれいになった車でドライブへ行こう!」

    24時間洗車可能!「きれいになった車でドライブへ行こう!」

  • ドライバーに手を振るラブちゃん。交通量は多く、周りにはガソリンスタンドや車屋さんがたくさんあります。「24時間営業だよ!いつでも来てね♪」

    ドライバーに手を振るラブちゃん。交通量は多く、周りにはガソリンスタンドや車屋さんがたくさんあります。「24時間営業だよ!いつでも来てね♪」

サービスステーションの詳細情報はこちら

わたしたちの街

広島県福山市

  • ▲花見を楽しむ人で賑わう福山城

    ▲花見を楽しむ人で賑わう福山城

  • ▲筋鉄御門

    ▲筋鉄御門

  • ▲鞆の浦

    ▲鞆の浦

広島県の南東に位置する福山市。人口約47万人を擁する、県内では広島市に次ぐ2番目の都市です。
JR福山駅の真裏には福山城があります。1622年(元和8年)に水野勝成が備後10万石の領主となって築きました。伏見櫓と筋鉄御門は築城の際に伏見城から移築されたもので、国の重要文化財に登録されています。天守閣は1945年の戦災で焼失しましたが、再建された現在は、福山市立福山城博物館として歴代藩主の遺跡や資料のほか、考古・歴史資料などを公開しています。
沼隈半島の先端に位置する鞆の浦は「潮待ちの港」として江戸時代に栄えた町です。その頃から残る常夜燈や寺社・町家が大切に保存されています。また、様々な映画やドラマのロケ地としても有名です。スタジオジブリ作品「崖の上のポニョ」も鞆の浦がモデル。宮崎駿監督が鞆の浦の町にインスピレーションを受けたと言います。映画で見たあの景色がここで見られるかもしれません。

スタッフいちおしの『イベント』

ばら祭

  • ▲バラ公園に咲くバラ

    ▲バラ公園に咲くバラ

  • ▲2016年のばら祭の様子

    ▲2016年のばら祭の様子

毎年5月下旬の2日間、バラ公園を中心に、緑町公園、中央公園、福山駅中心の商店街を主会場にした「ばら祭」が開催されます。春のバラを楽しみながら、ローズコンサートやバラステージのほか、グルメが楽しめる屋台など40~50のイベントがあります。2日目には約30団体出場する目玉イベント・ローズパレードがあります。
1945年(昭和20年)、空襲で福山市は焼け野原になり、多くの命が失われました。戦後の再建復興が進む中、南公園(現在のバラ公園)に1,000本のバラを植えたことが福山市とバラとの関係の始まりです。福山の戦後復興から半世紀の歩みの中で誕生し根付いた言葉「ローズマインド」は、思いやり・優しさ・助け合いの心を表します。2017年のばら祭は5月20~21日で50回目を迎えます。テーマは「ONE STEP TO THE FUTURE-感謝とともに、未来への1歩を-」。『歴史的な経緯と先人の想いがあるからこそ、今を生きる私たちがいるということを感謝する機会にしたい。そして、未来に向けて私たちだからこそできる新たな1歩を踏み出そう。私たちの子や孫が楽しむ未来のばら祭を、住み暮らす未来の福山のまちをより良いものにしていくために』との思いを込めています。
今ではバラの数は5,400本まで増えました。春のポカポカ陽気を感じながら、福山のばら祭を楽しんでみませんか?

美味しいものを食べながら美しいバラを愛でる…最高です!

齋藤 勝マネジャー

齋藤 勝マネジャー

ピックアップPICKUP

  • らぶちゃんページへ
  • YDCカードメール会員募集!
  • 株式会社吉田石油店 アルバイト求人サイト
  • 吉田石油店はカマタマーレ讃岐を応援しています。

キーワードや地図から、目的のサービスステーションを検索します。条件を絞り込んでの検索も可能です。サービスステーション検索はこちら

ページトップへ

Copyright(c) YOSHIDA OIL CO.,LTD.All Rights Reserved.